宝塚とか日常のこととかを語ったりしてます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更だけど
2006年04月23日 (日) | 編集 |
近所のレンタルDVDが100円セールだったんで、久々に借りてきました。前から見たかったのに、見そびれていた「チャーリーとチョコレート工場」ともう一本レンタル。今日はチャーチョコの方見たんで、そっちの感想でも書こうかな~

だいぶ前の映画だし、反転しないで書きます~。見たくない人はスルーしてください^^;


一応本は読んだことがあったんですが、思ってたとおりメルヘンな映像&まるでTDLみたいな乗り物や歌満載!!ジョニデのウォンカさんも変な人具合がすごくぴったりだし(^^)大好きなM先生もジョニデのファンらしく、先生いわく「変な人を演じさせたら一番」だと。まさにそのとおーり!

彼の本当の肌の色が何色か分からないですよ・・・黒かったり白かったりと^^;でも、私は黒いジョニーさんが好きです♪

ちょっと衝撃だったのがウンパ・ルンパ。本読んだ時は、もっと小人みたいでかわいいのを想像してたんで、リアルなおっさんたちが小さいという姿に愕然Σ(゚∀゚;)

しかもあのビミョーな歌が・・・突然世界が変わるような歌を歌いだすから。。
憎たらしい子供たちはもっと憎らしく演じてもよかったと思います。わがまま娘が一番イメージに近かったかな?
チャーリーのおじいちゃんもイメージどおりなヨボヨボ具合でした(・∀・)
ただ、思い出せないんだけど、本の方ではウォンカさんの子供時代ってクローズアップされてたっけ??家族愛に飢えてる彼の姿っていうのがどうも思い出せないんだけど。ここは映画オリジナルなのかな^^;

もっかい本読んでみよっと。

まぁチャーチョコは結論からいうと、5点満点中4点ですかねー。もっと面白いかと思ったけど、意外とシュールだったりして^^;楽しいけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。